>

スマートフォンの故障が起きたらどうすべきか

スマートフォンの画面が破損してしまった

スマートフォンの故障で最も多いのが、この画面の破損です。
しかし最も多い破損にも関わらず、修理に出す人がとても少ないといられています。
確かに画面に亀裂があるにもかかわらずそのまま使っている人を見かけた事、結構ありませんか?
亀裂の具合によって違うのですが、多少の亀裂ならばコマンドが動くので、見えにくいですがそのまま使えるのは事実です。
しかし、それは決して良い行動とはいえません。
気温の変化によって画面の亀裂がちょっとした振動で一気に広がってしまう事があります。
もし亀裂が悪化して画面がつかなくなってしまったらデータ復活は難しでしょう。
こまめにアップグレードしていたり、写真や動画などは別にマイクロSDカードに保存しておくと良いでしょう。
このように画面の亀裂は携帯会社で保証してもらえることが多いので、購入の前に修理が効くのかを聞いてみましょう。
修理だとお金がそこまでかからない場合があります。

画面が破損して店にもっていく前に

もし画面が破損してしまった時にどのようにすればよいでしょうか。
画面はうつっているけど動かない場合は、充電を指す挿し口がUSBの挿し口に変換できるものがあるのでそれを利用してパソコンに使うマウスを接続し使ってみてください。
画面上にコマンドが出たらそれを使ってデータの移行、アップグレードなどして、新しいスマートフォンに買い替えましょう。
もしコマンドが出なかった場合は動かすことができないという事なのでデータを移すことはとても難しいと言えます。
パソコンをお持ちの方は常にデータを移して、違う場所に保管することが良いでしょう。
スマートフォンでも先程コマンドを出すために使った充電するための挿し口がUSB挿し口に変換できるもをつかってUSBメモリに保管するのも良いでしょう。
そして常にアプリの引継ぎができるようにするべきでしょう。


この記事をシェアする